建築美と歴史

屋敷の建築美

旧奥村家は天保から明治にかけて大藍商として大きく発展しました。その大藍商の威勢を反映して作られた建物は、優雅で手の込んだ建築物として高く評価されています。

 

歴史を物語る史料

s1.jpg

また、奥村家は古民具や美術品をたくさん所蔵しています。一部は新館の2階に展示されています。美術品では、とくに名匠土佐光起の踊の絵と蕉村の俳画は貴重な文化財として注目されている名品です。また、明治6年初夏に勝海舟が奥村嘉蔵のために書いた「常静」の書もすばらしいものです。これらの史料は藍商により繁栄した奥村家の歴史を物語っています。

s2.jpg

また、奥村家は古民具や美術品をたくさん所蔵しています。一部は新館の2階に展示されています。美術品では、とくに名匠土佐光起の踊の絵と蕉村の俳画は貴重な文化財として注目されている名品です。また、明治6年初夏に勝海舟が奥村嘉蔵のために書いた「常静」の書もすばらしいものです。これらの史料は藍商により繁栄した奥村家の歴史を物語っています。